目を閉じてゆっくり深呼吸してみましょう

精神的に肉体的に疲れたとき、ココロとカダラをリラックスさせる方法!
それは深呼吸です。
リラックスしている公園の女性
両目を閉じ、両手をおなかの上にそっと添えて、背筋を軽く伸ばし、
まずは、おなかに溜まっている息をすべて吐ききります。

 

息を吐ききったら、呼吸を止めたまま心の中で「1、2」と数えます。
ふたつ数えたら、ゆっくり少しずつ鼻から息を吸い込みます。
ゆっくり、そして、少しずつ」がポイント。

 

おなかに添えている手がだんだんとおなかに押されて、
新鮮な空気がたくさんおなかに入ってきていることを実感しながら。

 

おなかが膨らんで、たっぷり空気が入ったら、また心の中で息を止めたまま「1、2」とカウント。
そして、ふたつ数えたら、ゆっくり少しずつ口から息を吐き出します。
吐くときも、「ゆっくり、そして、少しずつ」がポイント。
深呼吸する女性
息を吸って吐いてを3回繰り返すと、カラダにスーッと新鮮な空気が入って、
体内の疲れ切った物質が外に出ていってくれたような感覚になります。

 

あれこれ忙しくバタバタ焦っていたココロもゆったりと落ち着いた、
本来の自分を取り戻したような感じさえします。
森林の爽やかなイメージ
自宅にいるときであれば、テレビやラジオの音を切って、
お部屋の電気も消して、窓を開けて外から新鮮な空気を取り込んでから行います。

 

座禅のようにあぐらをかいて行ったり、
本当に疲れていたら仰向けになって行ってもリラックスできます。

 

職場で疲れたときでも、休憩時間や、
仕事中でもほんの2〜3分だけ自分のデスクで行うと疲れが吹き飛びます。

 

深くゆっくり呼吸するだけで、とってもリラックスできますよ。


ちょっと疲れたときの癒されグッズのご紹介

日々、仕事や家事で忙しくしていると、
気を抜いた瞬間にドッと疲れを感じてソファから動けなくなるときがありますよね?
疲れた女性
もう立てないー、お風呂にも入れないー、なんていうときです。

 

そんなときには、まずゆっくりと深呼吸をして、
肌触りの良い大好きなタオルケットをソファに持ってきます。

 

それから、タオルケットにくるまって、ぬくぬくとします。
冬の場合は、毛布やお気に入りのひざ掛け、ストールが活躍してくれます。

 

そうやってジーッとしていると心も身体もじわじわとほぐれてくるので、
お気に入りのマッサージオイルを使って凝りを感じる場所をゆっくりとマッサージします。

 

丁寧に首や肩、髪の生え際をマッサージしたり、
脚や腕をマッサージしていると、リラックスしてさらにほぐれていきますよ。
家庭菜園のハーブティー
ここまできたら、後は美味しい日本酒やハーブティーなど、
気分に応じて晩酌すると、スッキリ元気になります。

 

自分の疲れ度合いや心と身体のどちらがより疲れているか、
などに応じて、リラックス方法が変わってくるので、
そのときの自分の状態を見て選んだり端折ったりしています。

 

自分の状況を判断して自分で選ぶことでよりリラックスすることができますよ。