脂っこくてべたつく脂性肌を改善するには?

脂性肌の原因は、十代であればホルモンバランスの不安定による、
過剰な皮脂分泌だということもできますが二十代以降になると話は変わってきます。

 

二十代以降の脂性肌の大半は、本当は乾燥肌だといわれているのです。
というのも、皮膚は極度に乾燥=水分が減少してしまうと、
それを補おうと、今度は皮脂の分泌を活発にし始めます。

 

それで、肌自体は水分不足でからからなのに、
表面的にはベタベタしているという自体が起こるというわけなんです。

 

ですから、二十代以降の脂性肌を改善するためには、油分を取り除くスキンケアというより、
水分を補給してあげるスキンケアが大切になってきます。
水分
洗顔は、さっぱりする洗顔料ばかりを使わず、むしろ肌の潤いを残すようなもの、
シンプルに汚れを落とすだけの無添加固形石けんなどを使いましょう。

 

それも時間をかけず、優しく、さっと洗うだけで大丈夫です。
長時間の洗顔は、水分を奪ってさらなるべたつきや部分的な乾燥を招きますよ。
洗顔のあとは、化粧水でたっぷりの保湿をしましょう。